FC2ブログ
2011-03-19

給水中に大喧嘩の巻

うちの地区。
 
まだまだ断水中でございます。
 
 
 
これはまだ電気が通らず、ラジオしか情報源が無い時のお話。
 
 
 
うちの地区は、山奥で年配者が多く住む地域です。
 
 
給水車は6つの地区をひとくくりにした真ん中の地区に来る事になりました。
 
 
ただ、ラジオでは8時に給水車が来る…との情報だったのだけど、実際来たのは13時30分。
 
 
そして給水車が来た時に並んでた人は200人以上の状態。
 
 
 
その為、出来るだけ沢山の人に行き渡るように、1人10Lの制限がつけられました。
 
 
その時、誰かが言いました。
 
 
『朝から並んでる人には多目に渡せ!』
『ずっと並んで待ってた人に多く渡せ!』
『後ろの方はさっき来たんだから待たせれば良いだろう!』
 
 
これにはボランティアの人も市の職員も大弱り。
 
暴動が起きるんじゃ無いかと思う位でした。
 
 
 
 
 
『海沿いの人達に比べたら、それくらい我慢しろ!』
 
 
うっかり私が叫んでました。
 
 
『名取や亘理の人達がもっと辛い環境に居るのが判らねぇのか!』
※ぴよっ太は普段から男言葉で喋ってます。
 
 
前の方で文句を言っていたオッサンは黙りました。
 
 
そして回りの人達は『そうだよね…給水車が来てくれただけでも感謝しないとね!』と言ってくれました。
 
 
 
『でも…何でこんなに遅くなったのか説明して!』
 
 
給水タンクを操作してる作業員に対して、オバハンが騒ぎだしました。
 
 
全域で断水し、電気も止まっている時です。
しかも信号機が点灯しない状態で道が大渋滞だった時なのにです。
 
 
 
『来てくれただけでも感謝しなきゃない状態で、あんた何言ってんの?』
 
つい言っちゃた……
 
『今来てくれてるんじゃん!あんたが手を止めさせてんじゃねぇの?だから遅れるんじゃねぇの?』
※喧嘩っ早いのは父譲り。
 
 
で、その時にボランティアのおじさんが言ってくれました。
 
 
『文句あるやつは俺に掛かってこい!グダグダ言いやがって!』
 
 
『加勢するっ!』
ぴよっ太は右の拳を上げました。
 
 
そして回りの皆さんは笑ってくれ、オバハンは黙りました。
 
 
 
 
 
この日ぴよっ太は結局6時間待ちました。
 
 
それは仕方ない事だったと思います。
 
 
あの時は、正しい情報が正しく伝わらない時でした。
まだまだ情報が不確かで、皆が不安な時でした。
 
 
そんな時に、海沿いの被災地を出してしまったのは浅はかな考えだったのかも知れません。
 
 
 
でも自分だけが大変…な言い方をする人達は許せなかったんです。
 
 
 
 
そしてあの時より、環境は良くなりました。
 
 
電気は海沿いの被災地以外の全域で復旧したそうです。
 
給水も結構復旧していますが、ぴよっ太の地域は31日に復旧します。
 
それに伴い、給水は20~40分待つだけになりました。
 
水道復旧箇所が増えたので、こちらに来る台数が増えたのと、6つだった地区のうち2つが抜けて4つの地区になったので。
 
 
 
 
あと、給水車にお世話になるようになって気付きましたが、私達はたくさんの方に助けられていました。
 
 
函館、三重、奈良、広島。
ナンバープレートにあった県です。
 
 
実際は他の県の方々も沢山来てくれています。
 
 
 
本当にありがとうございます!
 
 
 
他県の皆さんの優しさを『当たり前』と思わないよう、少しでも『ありがとう』の気持ちを返せる人になりたいです。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そうですよ、そうですよTT
ぴよこさん、偉い!!!
もっと大変な方がいるんだから頑張らなくちゃ!

わかっているケド、やっぱり自分が一番に思っちゃったりしますよね。
皆が不安なんだと思います。

私の地域ではギリギリで水が止まりませんでしたが、低い土地なので下水の逆流がコワイです。

遠く県外からも助けて頂いているのだから節電・節水・助け合いで宮城県民も支え合っていかなくてはいけませんよね?

まだ断水が続くのですね。
風邪などひかないように体に気を付けて下さいね。

惚れなおしたゼ!

今は自分の事だけ考えてる時じゃない!
自分に何ができるか考えないとだよね。

咄嗟に出た言葉が他の人達に好影響を与えましたネ。
でも素晴らしい勇気だと思います。
私も多分このような場合叫んでしまうと思うだけに、共感しました。
一日も早く元の生活に戻れることを祈っています。

かっこいいです、ぴよこ太郎さん!!
待つに身とっては1時間が、30分が、1分が、寒く長く不安なとても長い時間なのでしょうが、みんなが大変な中、精いっぱいの結果の給水なんですよね。

私がそこにいたら、私も『加勢する!』と拳を上げたいです。

まだまだ大変な毎日が続きますが、どうぞお体に気をつけてくださいね。

一番最後の文章に涙が出そうでした。
プロフィール

ぴよこ太郎

Author:ぴよこ太郎
本職は某設備管理で現場作業に従事ています。
休みの日は『ぴよこ堂』の屋号でぴよこ太郎って名乗って帽子を作っていたんだけど、色々あって製作は停止中。

かわりに?ロードバイク始めます!

そんなバタバタな日々のぐうたら日記です。

リンク
最新コメント
カテゴリ
アクセス
今までに来てくれた方々
ランキング
よろしければ、1ポチ 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる