FC2ブログ
2011-04-22

3月11日の追記

19日の帰宅時、大雪のせいでバスに乗るのに1時間かかったぴよこ太郎です!
 
こんにちは!
 
 
前日との温度差……約15℃…もう…勘弁してくれ…(;_;)
 
…お陰で今日まで寝込んでました…(T_T)
 
 
ちなみに19日の雪。
結構なボタ雪だった事もあり、あの日を思い出す人も多かったみたいで、ぴよっ太も思い出しました。
 
今だから書ける3月11日の追記です。
 
今更…だけど、あの時の事は出来るだけ残しておきたいので。
 
 
 
○地震がおきた時。
 
同僚と2人で居たんだけど、ちょっと離れたところで立ちすくんでいた女性がいた。
その方の足元がどんどん陥没していったので、こっちに来るように叫んで、それからは3人で揺れがおさまるのを待った。
 
その方は入院しているお母様の見舞に来ていた方で、ともかくお母様が心配だから院内に行こうとしていたけど、強い揺れが何度も何度も起きていたので、病院と学校は構造上倒壊しない造りになっている事と院内は看護師が震災時の訓練・マニュアルにそって患者さんを守っている事を伝え、揺れがおさまるのをとにかく待った。
 
 
揺れがおさまってから、3人で7階の病室に向かう事にした。
 
それぞれ頭を護って(とはいってもマフラー位だったけど)階段を上った。
 
揺れがきた時は、柱や壁に背を向け腕で頭を護った。(揺れる度に壁材や天井材が落ちてきたので)
 
7階に着いたら、天井の点検口が落ち、壁にヒビが入っていた。そしてあちこちから看護師さんを呼ぶ声が聞こえた。
 
あんな病院内を初めてみた。
 
その後、女性のお母様が無事だったのを確認してから、同僚と現場に戻った。
 
 
 
○同僚と別れて母の職場に向かう時。
 
歩道はビルから出た人達で溢れていた。
ケガをしている人達も沢山いた。
 
それと、徒歩で家路に急ぐ人も沢山居たので、歩道は大変な事になっていた。
 
私は方向的には逆に向かっていたので、『広瀬通りに向かってます!通して下さい!』と叫びながら進んだ。
でも、何人もの人にぶつかり、沢山の人に怒鳴られた。
誰もがパニックなっていた。
<DIV> 
 
○母の話
 
母が働いているビルでは、地震後全員外に出る指示が出た。
 
その後、地下鉄は止まったけどバスは動いてるからすぐに帰宅するように言われ、同僚と4階の事務所に荷物を取りに戻り、皆はすぐに帰宅した。
 
が。
 
母は近くの駐車場の管理室に荷物を置かせてもらい、また事務所に戻ったらしい。
 
1回目は忘れ物をしたから。
2回目は戸締りや火の始末、ブレーカーの確認の為。
3回目はバスに乗れなかった時に、そこで寝泊まり出来るかの確認。
 
 
事務所と駐車場を行ったり来たりしているうちに、駐車場の管理人さんが『鍵をかけなくても大丈夫です。気をつけて帰宅してください。』とメモを残して帰宅していた。
 
そして外に出ようとしたら娘(ぴよっ太)が駐車場の前を歩いていた。
 
母がモタモタしてくれたお陰で会う事が出来た。
 
 
 
○バス停に居た時
 
電気が消えて真っ暗な地下交差通路を出た時に、家行きのバスが行ってしまった。
すぐに次のバスが来るだろう…と、バス停に着いたものの、物凄い人の数でどこに並んで良いのかわからない。
幸い列の上は屋根がある場所だったので、並んでから電話をかけ続けていた。
 
そのうちバスが運行を停止した事が、前方から歩いて来た人や仙台駅終点で運転してきた運転手から伝えられると、母は事務所に泊まれるから食べ物を買って戻ろう、と言い出した。
 
でも母は足が悪く、寒さで痙攣を起こす事があるので、暖房の無い所で一晩過ごすには無理があった。
それだけは避けなくては…と、思った時にやっと姉と電話が繋がった。
 
あの電話が通じた時の、バス停に居た人達の表情は忘れられない。
 
 
 
○国際ホテルに着いた時
 
着いてすぐに雪がやんだ。
たぶん5時位だったのだと思う。
 
国際ホテルを背に左方向の雲が無くなり明るくなったので、母と『へんな天気』と話をしていた。
 
夕方なので夕陽のハズなのに日中のような明るさだった。
 
その後は暖かくなるより早く暗くなっていった。
 
 
 
最近知ったんだけど、あの明るくなった時。
 
沿岸部では大津波が来て、沢山の方が犠牲になっていた時間だった。
 
 
 
無責任な言い方だけど、あの晴れた時。
 
犠牲になった方は然るべき所に行けたんじゃ無いのかな?と思っている。
 
 
晴れた方向は海側だった。
 
 
 
以上があの時の追記です。
 
書いていて、本当に私は恵まれた状況だったのだと実感しました。
 
1日でも早い復興を目指さないと…と改めて思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴよこ太郎

Author:ぴよこ太郎
本職は某設備管理で現場作業に従事ています。
休みの日は『ぴよこ堂』の屋号でぴよこ太郎って名乗って帽子を作っていたんだけど、色々あって製作は停止中。

かわりに?ロードバイク始めます!

そんなバタバタな日々のぐうたら日記です。

リンク
最新コメント
カテゴリ
アクセス
今までに来てくれた方々
ランキング
よろしければ、1ポチ 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム