FC2ブログ
2012-03-28

被災県がすべき事

ぴよこ太郎です、こんにちは!
 
昨日また大きな震度の地震がありましたが、皆様慌てずに対処されましたでしょうか?
 
 
ぴよっ太家の付近では昨年の震災以降、大きな地震がくる時は『ゴゴゴゴゴ…』という地鳴りが響くので、しゃがむ?伏せる?ってな感じで地面からの音を聞くようにしています。
 
 
それと携帯電話の『緊急地震速報』
あれが鳴ったら5~10秒後に揺れがくるので、とりあえず歩いてたら広い所へ、運転中だったら路肩へ寄せるようにしています。
 
 
ところで。
 
知らなかったのですが、宮城県内陸部の町村が『瓦礫受け入れ』を拒否しているのだとか。(仙台市は受入処理始まってます)
 
理由は放射能が…って(-"-;)
 
被災県内でそんなこと言ってたら他県に理解してもらう事なんて無理じゃないですか!!!
 
 
宮城県だけで年間焼却処理する容量・19年分の瓦礫があるわけですよ。
 
岩手・福島もだけど、太平洋に面している関東県だって海に面している浜町は被害を受けているワケで瓦礫は発生しているのですよ。
 
おどけでない量を焼却処理しないと、害虫や自然発火等の2次3次災害がおきるのですよ!
 
 
それを被災県が受入れ拒否って!!!
 
 
これは何?何処に訴えれば良いの???と朝から新聞に怒りをぶつけていました…(朝食時に新聞読んでます…)
 
 
そんな怒っておりましたが、良かった記事も。
 
1日でも早く焼却処理をって事で、仮設焼却施設が3基完成したそうです。
そして22基は急ピッチで建設中です。
 
 
雇用も生まれ、瓦礫処理も出来る。
 
 
でも稼働には限界がありますので、宮城県内陸部の町村の皆様にはとっとと御理解いただきたいもんだと思っております。
 
 
 
◇◆◇
 
さて。
 
日本列島は大陸プレートの上に位置しているので地震大国。
 
至る所で大地震の危険がある訳ですよね。
 
宮城県も宮城県沖地震は99%の確率で発生って言われてましたからね。(ちなみに宮城県沖のプレートは30年周期です…30年後も…?)
 
 
で。
 
誰もが被災者になる可能性があるわけですよ。
 
なのですが。
 
あの混乱でも各地域の避難場所はすぐに解放されていたし、沿岸部以外の避難場所…13日には水と乾パンorビスケットが届けられていました。
 
各地域の災害対策本部はちゃんと機能します!
 
なので、いつくるかわからない災害に備えるのは大事だけど、必要以上に不安を煽り立てるマスコミに踊らされないように、各自が注意しましょう!
 
 
ライフラインが止まった位なら、なんの備えが無くても工夫次第でなんとかなりますので!
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おはようございます。
新聞、読まないので初めて知りました。
そうですか・・・同じ県内でも・・・
私たちは今も、その瓦礫の山の隣で
生活をしていると言うのに。
私たちからしてみれば、もう頼まないから、こっちに焼却施設バンバン作っちゃって!!
ってみんな思ってます・・・
沿岸部での雇用にもつながるしね。

umi様

こんにちは!umiさん!

もうもうもうもう、そんな信じられない事を言う人が県内にいるって事が信じられませんでした!

やっぱりその件については、県民として憤慨って投稿もありました。

なのでそんな信じられない事を言うのは『一握り』だと思います(そう信じたい)!


私たち内陸に住む人がするべき事は、現状を理解して協力する事。

umiさん!

ほとんどの県民は少なからず力になりたいと考えています!絶対に!

そして私が出来る事は小さく微々たる事でしか無いけれど、最後の瓦礫が無くなるまで・移転や整備が終了するまで、続けていきます!!
プロフィール

ぴよこ太郎

Author:ぴよこ太郎
本職は某設備管理で現場作業に従事ています。
休みの日は『ぴよこ堂』の屋号でぴよこ太郎って名乗って帽子を作っていたんだけど、色々あって製作は停止中。

かわりに?ロードバイク始めます!

そんなバタバタな日々のぐうたら日記です。

リンク
最新コメント
カテゴリ
アクセス
今までに来てくれた方々
ランキング
よろしければ、1ポチ 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる